エリアについて

 

 

いくつもの時代を超えて、大阪の暮らしが凝縮された界隈。

 

大阪市中央区龍造寺町素描

 

龍造寺_露地

 

 

Ryuzoji_Roji

 

 

 

 

訪れた人は、かならず「始めて来た気がしない」と言う。

 

トンネル通路、石畳、入り組んだ路地、そのまた裏手に路地、まさに迷路。

 

 

昭和の時代にタイムスリップしたような原風景が、そこにはある。

 

 

 


 

 

織田作之助原作の映画「夫婦善哉」や「桂春団治」のロケ地だったことは、

 

その風情を今も色濃く留めている所以である。

 

 


 

 

龍造寺の町名は、肥前佐賀三十五万石の大名「龍造寺政家」の屋敷があったことに由来する。

 

太閤秀吉の大坂城本丸に近い、重臣の居住地として整備されたところ。

 

 

 

 

さらに遡って、5世紀に難波津が設けられると、上町台地北部は物流拠点となり、

 

外交施設、有力氏族の邸宅なども置かれ、物作りも盛んになった。 

 

この地区では鍛冶、ガラス小玉生産、須恵器生産など、重要な手工業生産の場であった。

 

 

 

 

21世紀の今日でも、大阪の町屋のたたずまい、人の温もり、癒しの地、

 

この界隈をいつまでも残したい。

 

本プロジェクトは、そんな思いを実現する活動拠点造りです。